MAGICAL at HEXA

【HEXA売れない】初心者クリエイターがTwitterでやるべきこと

NFT

「HEXAでNFT販売をするためにTwitterを開設。

自慢の作品の販売ページのリンクをツイートしまくっているのに、だれも買ってくれない。

こんなはずではなかった…。もう心折れそう。」

ちょっと待ってください。まだやれることはあります。

Twitterでやれることとは?

結論から言います。

WIPを発信しましょう

詳細は本文で詳しく解説します。

【HEXA売れない】初心者クリエイターがTwitterでやるべきこと

初心者がHEXAでNFTが売れない原因

NFTクリエイターとしての道を踏み出し、Twitterアカウントも開設したばかりのあなたのNFT作品が売れない原因。

それは買い手が「あなたが何者なのかを知らないため」です。

NFTの界隈では例え作品が良いと思えても、作者が何者なのかを知れないと買い手は購入の決心がつきません。

「何だか素性の知れない人がすごい作品を売ってる。でも盗作かもしれないし、手を出しずらいな。」

これが買い手の本音です。

NFTは一度発行してしまえばコピーや改ざんはできず、「これはあなたが発行したNFTです」という保証がされます。

しかし保証されるのは「誰が発行したか」であり、「誰がこの作品を作ったのか」でないことに注意が必要です。

有名なプロジェクトの作品をNFTとして発行しなおして公式であると偽って販売を行ったり、日本の有名なクリエイターの作品を海外で勝手にNFT化して利益を上げたりと、クリエイターの活動を踏みにじるような不正行為が横行しているのが現実です。

すでにNFT界隈に身を置いているコレクターはそういった事例を知っているからこそ、素性の知れないクリエイターからの購入には慎重にならざるを得ないのです。

解決策:初心者がHEXAでNFTが売れない

ではNFT販売を始めたばかりのあなたがやるべきことは何か。

他人から見て「素性の知れない怪しい人」から「NFTに新規参入してきたクリエイター」になる必要があるのです。

そこで一番最初に挙げた結論に戻ります。

WIPを発信するのです。

WIPとは「Work In Progress」の略で、要は「制作の過程」です。

制作時の気づきや、苦労しているポイント、こだわりのポイント、良くできたポイントをテキストで発信したり、何なら制作途中の画面のキャプチャを投稿に貼り付けて「WIP」とだけ書いて発信するだけでもOKです。

このWIPの発信によって、NFTの仕組みでは証明できない「誰が制作したNFTか」を証明できるのです。

また、販売前の作品のWIPを発信することで宣伝にもなります。

現に私の作品についても「制作の段階から気になっていたんです」という理由で購入頂けたケースがあります。

まとめ|【HEXA売れない】初心者クリエイターがTwitterでやるべきこと

WIPの発信は実施のハードルが低いにも関わらず、

  • あなたが何者であるかの証明
  • 作品の宣伝

といった効果が見込めるコスパの良いアクションになりますので、ぜひやっていきましょう。