「dTV」を”実質無料”で使う裏ワザはここから!↩

在宅勤務のメリット・デメリット-環境編-

IT
スポンサーリンク

在宅勤務のメリット-環境編-

メリット|自分の都合の良いように仕事環境を作れる

会社のデスク周りをカスタマイズして集中しやすい環境づくりをしている人は多いかと思いますが、それでも完璧に自分好みの環境は実現できませんよね。

特に周囲の音(雑音)や室温、時にはニオイなんかも。

在宅なら、要は自分の家なのでいくらでもやりやすいように環境づくりできるわけですね。

個人的に助かっているのが、室温調節や換気を自由にできる点です。

在宅勤務が始まる前にわたしが通勤していたオフィスでは、冬は頭がボーっとするほどに暖房を効かせており、業務に支障を来たしていました。そこまでいかない時もポカポカして眠くなったりですね。

在宅勤務中は暖房を効かせ過ぎることもなく、眠くなったら窓を開けて新鮮な空気を取り入れてシャキッとしたりと、まさに自分の都合の良い環境づくりをすることができます。

デメリット|誘惑が多い

自分好みの作業環境を作れると同時に、自分を甘やかす環境にもなってしまうので良くないポイントです。

自宅の部屋数がたくさんあって、作業部屋と居住スペースを完全に分けられるのであればいいのですが、ワンルームの賃貸に住んでいるような場合はあらゆる誘惑に悩まされることになります。

一番の誘惑はやはりスマホでしょうか。

手元に置いておくと、無意識のうちに手に取ってSNSを覗いてしまうんですよね。

非常によろしくない。この点においては人目のあるオフィスの方が誘惑が少なくて集中しやすいと言えるでしょう。

在宅勤務においては、オンとオフをきっちり切り替えられる心の強さが必要ですね。

タイトルとURLをコピーしました