☑about NFT creator "makky"

HEXA(ヘキサ)の始め方|NFTコレクター編

NFT

「仮想通貨とか難しそうだから、ひとまず日本円で決済可能なHEXAでNFTを買ってみようと思うけど、始め方がわからない。」

HEXAの利用を開始して、NFTを購入するまでの手順はたったの4ステップです。

  1. クレカを用意する
  2. Twitter登録する
  3. HEXAでアカウント認証
  4. 実際にNFTを購入してみる

本文で各ステップについて詳しく解説します。

なお「コレクターではなく、クリエイターとしてHEXAを始めたい」という場合は、こちらの記事をご参照ください。

HEXA(ヘキサ)の始め方|NFTコレクター編

1.クレカを用意する|HEXA(ヘキサ)の始め方

HEXAで日本円決済をする場合はクレジットカードが必要となりますので、まずはクレカを用意しましょう。
僕は楽天カード👇を使っています。

余談になりますが、僕は30歳を超えて初めてクレカを作りました。
その際の記録を記事にしていますので、「クレカを作ってみたいけど、なんか不安で一歩を踏み出せないというときの参考にしてみてください。

2.Twitter登録する|HEXA(ヘキサ)の始め方

HEXAの利用にあたって、Twitterアカウントが必要となりますので、まだアカウントを持っていない場合やNFT専用のアカウントを用意したい場合は登録しましょう。

3.HEXAでアカウント認証を行う|HEXA(ヘキサ)の始め方

いよいよHEXAへ登録を行います。

Twitterにログインした上で、HEXAのページへアクセスしてください。

右上のアイコンをクリックすると[ログイン]メニューが表示され、クリックすると認証画面へ遷移します。

[連携アプリを認証]ボタンを押し、しばらくすると認証処理が完了します。

右上のアイコンが自身のTwitterアイコンに変化し、アイコンをクリックすると[マイページ]などのメニューが表示されるようになります。

4.実際にNFTを購入してみる|HEXA(ヘキサ)の始め方

HEXAでアカウント認証が完了したら準備完了です。
あとは実際にNFTを購入してみましょう。

HEXAトップページの[NFTを探す]ボタンをクリックすると、販売中の様々なNFTを見ることができます。

何を買ったらいいのかわからない

「HEXAでNFTを買う準備はできたけど、何を買ったらいいのかわからない。」
でしたら僕のコレクション「MAGICAL」はいかがでしょうか。

50作品を超える作品数のうちの6割は既にお迎え頂いており、根強いファンの方々によって支えられているコレクションです。

HEXAで購入したNFTの活用方法

購入したNFT作品ですが、ただ保有しているだけではもったいないですよね。

以降は購入したNFTの活用方法をお伝えします。

二次流通によって収益を得る

HEXAに限らずどのマーケットプレイスでも言えることですが、自身が保持しているNFTに値段をつけて転売(二次流通)することでコレクター自身も収益を得ることができます。

二次流通が成立すると、その出品者だけでなく作品の一次販売者(クリエイター)にも収益が発生します。
そのため、二次流通を歓迎するクリエイターは多く、二次流通するたびに作品の価値が高まるため、積極的に転売して利益を上げていくスタイルも有りだと思います。

HEXAのメタバースに飾って楽しむ

HEXAではメタバース事業にも力を入れています。
HEXA住民票を持っていれば、所有しているNFTを自分のメタバース空間に飾ることができます。

平面的なイラストだけでなく、3DCGの立体的な作品も飾れるので、自分だけのメタバース美術館を作れる楽しさがあります。

僕自身もメタバース空間にお気に入りの作品を飾っています

「どうぶつの森」シリーズでは、ゲーム内通貨で家具を買って自身の家に飾って遊ぶことができましたが、それのリアル版と言ったらイメージしやすいのではないでしょうか。

HEXAメタバース内の解像度や処理の滑らかさは、アップデートを重ねるごとに品質が上がってきており、スマホやタブレットからでも気軽に体験できるようになっているので、この先が楽しみですね。

誰かにプレゼントする

所有しているNFTを誰かにプレゼントすることもできます。

例えば友達が好みそうなテイストのイラストを送ってあげるだとか、コレクター自身がプレゼント企画を開催して、推しのクリエイターの宣伝活動を行うなんてこともできます。

まとめ|HEXA(ヘキサ)の始め方(NFTコレクター編)

HEXAの利用を開始して、NFTを購入するまでの手順はたったの4ステップです。

仮想通貨やブロックチェーン技術などの難しい知識が無くても、Twitterアカウントとクレカさえあれば気軽にNFTに触れることができるので、ぜひぜひ始めてみてください。

関連記事

「HEXA(ヘキサ)の始め方(NFTクリエイター編)」はコチラ↓