「dTV」を”実質無料”で使う裏ワザはここから!↩

ワットソンの能力の改善案を考えてみた

Apex Legends

嗚呼なんて忌まわしきクリプト。

ドローンのULTが本当に憎い。

コツコツ構築したフェンスやパイロンを一発で亡き者にしていく。

ドローンを壊しても壊してもゴキブリのようにわき出して、要塞を更地にしていく。

何とかしてほしい。

クリプトに一方的に食い物にされるワットソンが不憫でならない。

ストーリー的には和解したみたいだけど、リブートの殺意が全く消えていないのは納得できない。

そこでワットソン使いとして、クリプトのドローンの仕様に関する改善案を考えてみた。

スポンサーリンク

ワットソンの能力の改善案を考えてみた【打倒クリプト】

ちなみに一般ユーザー視点での妄想なので、ほんとに軽い気持ちで見てください。

パイロンの効果範囲内でリブート実行すると、ドローンが撃墜される

何のひねりもないが、『パイロンの効果範囲内でリブート実行すると、ドローンが撃墜される』仕様を追加してほしい。

ただこれだと一方的にワットソンが優位となってしまうので、さらに以下の条件付きで。

  • ドローンが撃墜されるのは、パイロンの効果範囲内でリブート実行したとき
  • ドローンがパイロンの有効範囲に入った場合は映像にノイズが走り、飛行スピードが落ちる

ワットソンやクリプトを使ったことがある人ならわかると思うが、実はこれでもワットソンがだいぶ不利なままである。

なぜかというと、パイロンの有効範囲は壁などの障害物で遮られない範囲だけであるのに対し、リブートの範囲は障害物を貫通して効果を与えるからである。

つまり上記の仕様を追加したとしても、完全屋内にフェンスもパイロンも設置してある場合は、今まで通り壁越しにリブートを食らってしまうのである。

(ほんとに、障害物貫通の効果は止めてほしい…。)

とはいえ、野外でフェンスやパイロンを展開して戦闘している場合や、屋上に籠城している場合はリブートの脅威に怯えることが少なくなるのではと考える。

記憶によると、パイロンの有効範囲取りもリブート範囲の方がリーチが大きいはずなので、上手いクリプト使いならば撃墜されないレンジからリブートを発動させれば、これまで通りトラップをリセットできるのである。

結局、「上記案が採用されてもワットソン弱いままじゃん」とはなるが、「せめて、せめてこのくらいの救済はちょうだいよ」というワットソン使いの悲痛な願いと思ってほしい。

フェンスを無効化したらリブートの影響を受けない

「フェンスの無効化って何?」

フェンスの有効/無効切り替えは、まだ実装されておらず、これからもしかしたら実装されるかもしれない仕様である。

仮にこれが実装されるならば、フェンス無効時はリブートの影響を受けないようにしてほしい。

目視でリブートを確認し、フェンスを無効化、リブート実行後に有効化すればなんとかシールドを巻きなおす時間が稼げるようになるだろう。

この際パイロンは今まで通り壊されてしまっても構わない。

リブートで破壊するにしても、手動で機能を無効にするにしても、フェンスの機能が一時的に失われることに違いはないので、これも大幅にワットソン有利になるとは思えない。

リブートを受けるとパイロンの耐久度と有効時間が減る

これが一番現実的な案かもしれない。

現状、リブートを受けると一撃でパイロンが破壊されてしまうが、これを「パイロンの耐久度と有効時間の減少」に変更してほしい。

設置後、ある程度時間がたっているパイロンであればそのまま壊れるし、設置したてでも何らかのダメージを追っている状態であれば、リブートによって耐久度が0になって破壊されても構わない。

ただ、生まれたてで何の傷も負っていないかわいいパイロンを、一撃であの世に送るのだけはやめて欲しい。

おねがい

上記3つの案のうち、組み合わせるとワットソン有利になってしまいそうなので、せめてどれか1案、1案だけはなんとか採用をお願いします公式さん。

タイトルとURLをコピーしました